転職で迷わない!大手美容クリニックのメリット・デメリット

美容クリニック

こんにちは、aoiです。

美容クリニックに転職したいけど大手か個人かで迷っている

「大手美容クリニックのメリットとデメリットが知りたい

そんなお悩みにお答えしていきます。

この記事でわかること
・大手美容クリニックで働くうえでのメリット・デメリットがわかる
・大手美容クリニックに向いている人の特徴
 

この記事を書いている私は、実際に大手の美容クリニックでの勤務を経験し、
転職サポーターとして様々なクリニックの情報に触れてきています。

こんな経歴の私が、実際に体験したことを織り交ぜながらお話してきます。

【看護師】大手美容クリニックのメリット・デメリット【転職】


過去に、YouTubeでもお話していますが、新たな気づき詳細の説明をこの記事ではおこなっています。

大手美容クリニックとは

まず、このお話のなかでの「大手美容クリニック」とはTCB(東京中央美容クリニック)や品川、レジーナなど20院以上全国展開をしているクリニックとします。

CMや電車内での広告でも見かけますし、全国展開をしているクリニックです。
どの美容クリニックも、1度はその名前を耳にしたことはあるのではないでしょうか。

大手美容クリニックのメリット

まずは大手美容クリニックで働くメリットについてお話していきます。

研修制度がある


大手の美容クリニックは研修制度を設けているところが多く、クリニックによっては集合研修を行ってから自院に配属されるようなクリニックもあります。


多くの看護師は、病棟を経験し、美容クリニックへ入職しますが、病棟での医療と美容医療は全くことなります。


慣れない環境で、新しいことを覚えていくのは大変苦労しますが、研修制度があることによって基礎の部分をしっかり固めながら実務やOJTに移ることができるのは魅力的です。

どの程度の研修を行うかについては、クリニックによって様々です。
ですが、1週間から1か月程度の研修を実施し、残りはOJTで学びつつ、使用期間の6カ月の間に一定の技術習得をするところが多いように思います。

aoi
aoi

私のいたクリニックは2週間ほど研修がありました

マニュアルがある

大手の美容クリニックには、施術に関するマニュアルから接客に関するマニュアルまで準備されていることがあります。

美容の施術はお客様と1対1で行うことが殆どです。


技術的なところは勿論ですが、困った時にどう対応したらいいのか、こんな事を言われた時はどうゆう風に返すのが良いか、というのがある程度決まっているので安心感があります。

aoi
aoi

マニュアルを覚えるまでは大変ですが、私も何度もマニュアルに助けられました

福利厚生が整っている

大手美容クリニックは中規模や小規模・個人経営のクリニックと比較すると、福利厚生が整っていることが多く、その内容はHPなどで確認することができます。

通勤手当や住宅補助などに加え、産休や育休のための休暇制度や、子育てと仕事の両立のための時短勤務制度などを完備しているところもあります。


勿論、社格での施術や物販の購入、提携しているフィットネスジムの利用などもあり、働きながら綺麗になれるのは美容クリニックの良いところです。

症例数が多い

大手のクリニックは全国展開をしており、多くのお客様が来院されます。
そのため多数の症例を見ることができ、とても勉強になります。

また、豊富なメニューを取り揃えていることが多いので、私たち自身が多くの機器を取り扱えるようになります。

aoi
aoi

脱毛に関しても、珍しい症例や事例と遭遇したのは大手にいた時でした

ブランド力、ネームバリューがある

これは先の話になるかもしれませんが、クリニックのブランド力やネームバリューがあると次の転職に役立つことがあります。


前述したように、大手の美容クリニックは研修制度があるため基礎基本がしっかりしており、症例や機械の種類も多いため、それだけ力をつけた人材だということの証明になったりします。


即戦力として扱われるようにもなるため、次の美容クリニックへの転職の際に力を発揮したりします。

aoi
aoi

逆にガチガチのマニュアル頭だと思われることもあるので注意です

異動の選択肢がある

男性の美容看護師も最近は増えてきましたが、やはり9割が女性の職場となります。


結婚や妊娠、出産など、ライフステージの変化によって、現在住んでいるところから離れなければいけなくなった際、「異動」という選択肢がとれるのは大手のメリットの1つです。

aoi
aoi

ただし、クリニックの状況によっては絶対に異動できるわけでもないので注意して下さい

大手美容クリニックのデメリット

では、続いて大手美容クリニックで働くことのデメリットについてお話していきます

転勤、ヘルプが多い

クリニックの規模が大きいほど、全国に分院がたくさんあります。


また、1年の間に何院も新しい分院を建てることも少なくなく、人員が少ない院や新規立ち上げで人が必要な院には、ヘルプや転勤をすることがあります。

一応、転勤などの意向確認はしてくれますが、暗黙の了解で断れないということもあり、半ば強制のこともしばしばです。

私も入職してから1年の間に、細かいのを除いても4回以上、長期のヘルプで地方に行った経験があります。

関東から関西まで、色々な土地での勤務を経験しましたが、慣れない環境での仕事は心細さやストレスを感じることもありました。
環境の変わる楽しさもありましたが、1か月以上ホテル生活が続くこともあり、私は毎日の外食やコンビニご飯で体調を崩しました。

aoi
aoi

ご家庭のある人はなかなか大変だと思いました

ルールが厳しく、裁量でできることは少ない

メリットのところで挙げたように、大手のクリニックにはマニュアルがあることが多いです。
ですが、マニュアルがあることによって裁量でできることやルールから外れたことができなくなります。

例えば、お客様の肌質や効果、コースの残数などを見て、設定されているパワーより2段階上げた方が良い場合でも、2段階アップが禁止されており、お客様はそのままコースを終了される、などがあります。


また、他のクリニックでは良しとされていた施術の組み合わせでも、うちのクリニックではマニュアル上、禁止されているためお断りをする→お客様がお怒り

と、明確に良し悪しが分かれているためお客様とトラブルになることも多いです。

aoi
aoi

母数の違いもありますが、クレーム、トラブル率は大手の方が多かったです

めちゃくちゃ忙しい

大手の美容クリニックは有名な分、集客力も凄いのでお客様が大変多くいらっしゃいます。
そのため予約もぎっちりで非常に忙しく、毎日がバタバタです。

特に繁忙期と呼ばれる年末年始GW年末年始に関しては休憩すらままならないこともしばしばあります。

予約制だからこそ、1分1秒を争う忙しさがあり、病棟とはまた違ったスピード感を求められます。

勉強量が多い

大手の美容クリニックはメニューは多く、色々な機器を取り扱っていることが多いです。

色々と勉強できるのは魅力ですが、その分覚えなければいけないことも増えるので、勉強量はとても多くなります。

また大手の場合だと、施術ごとにテストを設けていることも多く、毎日テストを受けなければならない、加えて試用期間内に合格しないと退職しなければいけない、なんてこともあります。

aoi
aoi

テストに合格できず辞めていった人も今まで何人も見てきました

他にも、大手には多くのドクターが在籍しており、その先生ごとにやり方が異なっていたりします。

基本は一緒でも、どこまで準備するか、どこは介助を必要とするか、ものの渡し方、声のかけ方、ドクターのこだわりに合わせ、ドクターの数だけ覚えなければいけないのはとても大変です。

人の入れ替わりが多く、人間関係も複雑

大手はスタッフの数がとても多く、すべてのスタッフを合わせると1つの院で50人以上のスタッフが在籍していることもあります。

美容クリニックに限ったことではありませんが、人の多い職場はそれだけ人間関係が複雑化していき、派閥ができていたりもします。

また、ヘルプや転勤で飛ばされたり、職場に馴染めず退職したりする人の数も多く、人の入れ替わりが激しいです。

まとめ

ここまで色々と解説してきましたが、これらのことから大手の美容クリニックに向いている人は

  • 福利厚生の優先度が高い
  • 多くの機械を扱いたい
  • 勉強が苦ではない人

かな、と思います。

職場は多くの時間を過ごすことになる大切な場所です。


自分にはどんなクリニックがあっているのか、転職の相談はTwitterのDMまたは公式LINEまでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました